てんねん

日本ボトルウォーター協会に加盟、また年に1回のサーバーメンテナンスが必須の水

最近はウォーターサーバーを色々な場所で見かけることが増えました。
昔は病院やオフィスなどでしか見かけなかったのですが、現在では自宅に置いている家庭もあります。

ウォーターサーバーには大抵脇に白い紙コップが置いてあり、それを使って自由に水を飲むことが可能となっています。
ウォーターサーバーによって冷たい水を美味しく飲むことができるのです。
夏場や冬など季節を問わず、水を飲みたくなる時はあるでしょうが、そんな時にウォーターサーバーがあれば便利ですよね。

ウォーターサーバーを見かけるとついそれを利用したくなる人が結構多いのではないでしょうか。
どんなサーバーであっても、冷やされた状態のおいしい水を飲むことができるのですから、それも無理はないことです。
さて、こんなウォーターサーバーですが、サーバーの中に入っているお水は一体どうなっているのでしょうか。
水道水をそのまま用いているのではないかと訝しむ人がいるかもしれません。
また、本当に安全な水を使用して、衛生管理をできているのかも気になるところでしょう。

このような方は、そのウォーターサーバーが日本ボトルウォーター協会に加盟しているのか確認するようにしましょう。
日本ボトルウォーター協会は、我々が毎日美味しく水を飲めるための環境を作るための活動をしている協会です。

産学官と連携しているので、ボトルウォーター業界についての全体の統一基準を設けています。
この協会に加盟しているのかどうかは、本当に水が美味しくて、安全であるかの一つの指標となります。

また、ウォーターサーバーで一番気になることといえば、きちんとメンテナンスが行われているのかということでしょう。
メンテナンスをして衛生的に気を付けているのであれば安心して飲めますよね。
これを確認するための方法は、日本ボトルウォーター協会の認証シールが貼ってあるかを確認しましょう。
メンテナンスをきちんとしている場合はシールが貼られています。

ウォーターサーバーを見かけたら日本ボトルウォーター協会のことを思い出しましょう。

Menu